志あふれるまち、志布志

見る・学ぶ

歴史散策

    肝付兼続の墓 (市指定史跡)

     

    肝付家16代兼続は志布志・福島・飫肥を領していた豊洲島津氏を破り、志布志を隠居所と定め、大隅の経営に当たりました。

    永禄9年(1566)に志布志で没し、位牌は大慈寺に安置されました。

    現在の墓所は天明2年(1782)に再興されたものです。

     

    住所 志布志市志布志町志布志2丁目18−2
    駐車場は近隣の市営下小西駐車場または志布志市役所志布志支所駐車場をご利用ください。

     

     

更新日:2018/2/7