志あふれるまち、志布志

見る・学ぶ

歴史散策

    愛甲喜春の墓 (県指定史跡)

     

    愛甲喜春は慶長10年(1605)志布志若宮に生まれ、寛永17年(1640)泊如竹を慕い屋久島に赴き、

    如竹に学び、薩摩宋学の学統を継ぐに至り、万治2年(1659)恩師如竹の後を受けて侍講となりました。

    儒学、易学、暦法・断易法・示現流剣法と広範に学問武芸を極め、特に医術において名声を博しました。

    元禄10年(1697)8月16日に93歳で大慈寺見性庵に没しました。

     

    住所 志布志市志布志町志布志2丁目18−2
    駐車場は近隣の市営下小西駐車場または志布志市役所志布志支所の駐車場をご利用ください。

     

     

更新日:2018/2/7