志あふれるまち、志布志

見る・学ぶ

歴史散策

    志布志城跡 (国指定史跡)

     

    前川の河口近く、沢目記川との合流点北側にあります。築城の時期は不明ですが、貞治4年(1365)頃島津氏久が日向守護畠山直頭を追放して志布志城に入り、その後新納氏、豊洲家島津忠朝が城主となりましたが、永禄5年(1562)には肝付兼続が当城を攻略して、同7年隠居所としました。天正5年(1577)以降島津氏領となり、南西麓の館跡に地頭仮屋が置かれました。内城は南北600m、東西300mと規模も大きく、空堀、土塁、虎口などが良好に残っています。

     

    詳細については志布志市ホームページ(1)志布志市ホームページ(2)もご覧ください。

     

    駐車場の住所 志布志市志布志町帖6394−3

    駐車場は志布志小学校横の市営駐車場をご利用ください。

     

更新日:2018/3/28