志あふれるまち、志布志

見る・学ぶ

駅跡(記念公園)

    志布志鉄道記念公園

    鉄道は大隅半島の重要な交通手段として、通勤・通学列車として多くの人々に親しまれてきましたが、マイカーの普及及び道路交通網の普及により大隅線(1987年3月14日廃止)、志布志線(1987年3月28日廃止)の両線が国鉄分割民営化を前に廃止されバス路線へ転換されました。
    平成8年8月に完成した志布志町鉄道記念公園には、鉄道の歴史を後世に伝えるため3両の鉄道車両を展示しており、冬は期間限定でイルミネーションも行っています。
    C58 112、ヨ8951、キハ52 130が保存されており、保存ボランティアの整備により往時の姿を偲ばせています。
    志布志・日南・大隅線の歴史を記した説明版があります。
    (住所)志布志市志布志町志布志3-26 志布志駅より徒歩3分
    (駐車場)有
    (問い合せ先)志布志市役所志布志支所 産業建設課
    TEL099-472-1111

     

     

更新日:2018/3/28